DYblog

投資や経済関係を主体に様々な情報を紹介しています。投資関係は株(日本、アメリカ)、債券、外貨建てMMF、FX、仮想通貨など。FP3級合格しました!

歩道走行違反問題を報道

社会人や投資をやっている方は経済のトレンドニュースは押さえておきたいですよね。ということで、Yahooニュースの現時点の経済トレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

■今回のニュース
歩道走れません ファットバイク風車両

歩道を走り違反に問われた利用者のペダル付原付。渋谷区での取締りで(中島みなみ撮影)。

ペダル付原付、通称モペット。時代の変化に敏感なエリアを中心に急速に利用が増えてきました。東京都心では、渋谷を中心として明治通り沿いを南北に、北は原宿方面、南は恵比寿方面で利用が広がっています。ネット通販だけでなく今まで車両の取り扱いがなかったファッション系のショップでも、店頭にペダル付原付を展示する様子が見られるようになりました。

なかでも注目されるペダル付原付は、頑丈なフレームに、バイクでいうガソリンタンクの位置にバッテリーを搭載したファットバイクです。20インチ相当のブロックタイヤはモトクロスバイク並みに太く、そのスタイリングが異彩を放ちます。利用者の一人は「楽で軽い。乗ってるスタイルがいい」と話します。

ただ、利用の拡大に比例して、その運転に歩行者からの苦情も増えてきました。交差点で信号待ちをしていた歩行者は、ペダル付原付(モペット)の印象をこう話しました。

「歩行者の間をジグザグに走ったり、歩行者がいっぱいだと車道に出て、また歩道に入ったり。スピードも速いし大きいから、ぶつけられそうで怖いですね」

歩道は歩行者が通行するのが原則ですが、一部の区間は自転車が走ることができます。対して、ペダル付原付は自転車ではないので、基本は歩道を走ることはできません。それが電動キックボードのような特定小型原付に該当するものだったとしても、ファットバイクの歩道走行は不可です。

なぜなら歩道走行が許される自転車は車幅60cmまでの「普通自転車」です。ファットバイクの多くは車幅が「普通自転車」の基準におさまらないため、スロットルがなく、走行性能がアシスト自転車なみだったとしても、車格の点で歩道を走ることができないのです。

ペダル付原付は、モーターの付いた「自転車」ではなく、ペダルの付いた「バイク」です。歩道を走ることは、道路交通法の指定通行区分違反です。ペダル付原付を「アシスト自転車だと思った」と思って乗っていても、歩道は走らない。必ず車道を走ることが違反を回避する最初のポイントです。

【まとめ】

渋谷を中心にペダル付原付(通称モペット)の利用が増加している。
ペダル付原付はファットバイクと呼ばれる、頑丈でバッテリーを搭載したバイクで、一部で注目を集めている。
しかし、その利用拡大に伴い歩行者からの苦情も増えており、歩道走行は違反であることが指摘されている。

今回のニュースの概要はこんな感じでした。ランキング1位の記事なのでどこかで話題になるかもなので、概要だけでも知っておきましょう。また、毎日12時に経済トレンドニュース1位の記事の概要を紹介していきますので、明日もぜひご覧ください。

■本記事を詳しく知りたい方は下記URLより元ニュースをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e8c59ead6bfea9c5837339af843296d8096fe9a