DYblog

トレンドアイテムや投資関係など幅広く紹介。

転職後の苦悩から見えるキャリアの再考

社会人や投資をやっている方は経済のトレンドニュースは押さえておきたいですよね。
ということで、Yahooニュースの現時点の経済トレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。
■今回のニュース

三菱電機の松浦佑貴さん(36)は2023年1月、シンクタンク研究員として新しいキャリアに挑戦しました。エンジニアとして10年働いた後、「もっと新しい経験ができるはずだ」と転職を決意。しかし、実際には少人数で20年後の社会課題を議論し、官公庁向けに資料をまとめる業務に従事しました。その結果、再びものづくりに戻りたいという気持ちが強まり、わずか8カ月で三菱電機に復職しました。

松浦さんは復職について「軽い気持ちだったかも」と振り返りますが、復帰はスムーズに受け入れられました。かつては退職者は「裏切り者」と見なされることもありましたが、現在では「アルムナイ」として再雇用が注目されています。

松浦さんが転職を決意したきっかけは2022年4月の部署異動です。異動先では、防衛装備品の開発コストやスケジュールを管理する業務に携わり、新しい自分に気づきました。しかし、研究員としての業務に満足できず、三菱電機に戻る決意をしました。

三菱電機には「カムバック採用」という制度があり、これが松浦さんの復帰を後押ししました。退職時にこの制度を知り、同僚とのSNSでのつながりも復帰を後押ししました。三菱電機の採用グループマネージャーの長坂英史氏は、「他社での経験や知見を持ち帰ってもらうことが重要」と述べ、制度の意義を強調しています。

■まとめ

三菱電機の松浦佑貴さんは2023年1月に転職後、8カ月で復職。
転職のきっかけは部署異動。
「カムバック採用」という再雇用制度が復帰を後押し。
退職後も同僚とのSNSでのつながりが復帰を支援。

今回のニュースの概要はこんな感じでした。ランキング1位の記事なのでどこかで話題になるかもなので、概要だけでも知っておきましょう。
■本記事を詳しく知りたい方は下記URLより元ニュースをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf34447b03e7c543a980139f5f38dd87e4cf9c30

【旅行】名古屋市にある歴史的な古墳を楽しもう『しだみ古墳群』

今回ご紹介する観光地は子供連れに最適な歴史を学びつつワークショップなども楽しめる『しだみ古墳群』になります。



名古屋市の北東端に位置する上志段味には、貴重な古代遺跡が点在しています。

その中でも特に注目されるのが、この「しだみ古墳群」です。

この古墳群は、墳形や大きさが様々であり、埴輪や勾玉などの貴重な遺物を展示した「体感!しだみ古墳群ミュージアム」も併設されています。

古墳以外にも、古墳の顔はめやタイルの地図などもありました。



国の史跡に指定されている貴重な古墳になりまして、実際に見ると歴史を感じましたね。



古墳の周りには土器が並べられていて、雰囲気を演出してくれていました。
まぁ、これは当時のものとかではないのですが、運営側の努力の賜物ですね。



古墳の頂上には古墳の中にある棺の再現があり、棺の中に入ることもできましたよ。



他にもワークショップでは大人向けの埴輪の作成からちびっ子向けのキーホルダーの作成などもありかなり楽しそうでした。

がしかし想像以上に人気スポットなのか、午後に行った時にはすでに受付終了に。

午前中から駐車場は満車になっていたようなので、全力で遊びたい場合は朝早くから行くことをお勧めします。

芝生エリアも広く、ピクニックをしている方もちらほらいたので、走り回りたい子供にもかなりおすすめの場所でもありました。

気になる方はぜひ一度立ち寄ってみてくださいね!

アクセス

〒463-0001
愛知県名古屋市守山区大字 上志段味字前山1367

ホームページ

歴史の里 しだみ古墳群

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

スターバックス新商品:ストロベリー フラペチーノの魅力

新しいスターバックスのフラペチーノ、スターバックス ストロベリー フラペチーノが2024年5月8日より登場しました!


※スタバのホームページより抜粋

この時期のフラペチーノはやっぱりストロベリーですよね。

このフラペチーノは、甘酸っぱいストロベリーとミルクの素晴らしいハーモニーが特徴になっています。

スターバックスオリジナルのストロベリーソースとミルク、そしてホイップクリームがトッピングされ、その組み合わせはストロベリーソースの甘酸っぱさと果実感、ミルクのまろやかさ、そしてホイップクリームのコクが絶妙に混ざり合います。



カスタマイズとしてストロベリーに合いそうなチョコソースを追加してみました。

そしてストロベリーは見た目も華やか。

カップに注がれる際にマーブル状に混ざり合う真っ赤な色がめちゃくちゃいい感じですよね。



もちろん見た目だけでなく味わいもめちゃくちゃ美味しくて、かなりおすすめなので是非一度お試しください!

ホームページ

スターバックス ストロベリー フラペチーノ®|フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

海外市場での浸透を目指すハイチュウの新展開

社会人や投資をやっている方は経済のトレンドニュースは押さえておきたいですよね。ということで、Yahooニュースの現時点の経済トレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

■今回のニュース
「ハイチュウ→HI-CHEW」になって、どうなった?

グリコのポッキー、ヨックモックのシガール、ブルボンのアルフォート――。一度は食べたことがある人も多いかと思うが、ある共通点がある。「海外でも売れている」ことだ。このほかにも海を渡って現地の人に愛されているお菓子はたくさんあるが、筆者が気になったのは森永製菓の「ハイチュウ」である。

ハイチュウは1975年に生まれて、今年で49歳。グレープやストロベリーなど20種ほど展開していて、現在30以上の国と地域で販売している。

ハイチュウが海外展開を始めた歴史をさかのぼると、20年以上前の話になる。2000年に台湾で販売して、その8年後に米国に上陸。同社の決算説明資料を見ると、米国での売上高(2022年度)は146億円で前年比138.9%。販売店率は70.0%→77.4%に伸びていて、好調に推移している。

海外でも特に米国での人気が止まらないようだが、同社は今年の2月に大きな決断をした。ブランドロゴをカタカナの「ハイチュウ」から英語表記の「HI-CHEW」に変更したのだ。

英語表記にした理由について、森永製菓は「ハイチュウは日本だけでなく広く海外でも親しまれている。たくさんの方に愛されているグローバルブランドを目指す」と述べているが、ここはジャパンである。50年近く親しまれてきた「ハイチュウ」をわざわざ英語に変えることで、売り上げが「ハイ→ロー」になってしまっては、元も子もない。

■まとめ

森永製菓の「ハイチュウ」が海外でも人気であり、特に米国で好調な売り上げを誇る。
2022年度の米国での売上高は146億円であり、前年比138.9%の増加を示している。
2022年度の米国での販売店率は70.0%→77.4%に伸びている。
2022年度に「ハイチュウ」のブランドロゴを英語表記の「HI-CHEW」に変更した。
変更の背景には、グローバルブランドとしての目指しと海外市場での浸透を意図したものがある。

今回のニュースの概要はこんな感じでした。ランキング1位の記事なのでどこかで話題になるかもなので、概要だけでも知っておきましょう。また、毎日12時に経済トレンドニュース1位の記事の概要を紹介していきますので、明日もぜひご覧ください。

■本記事を詳しく知りたい方は下記URLより元ニュースをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5418723cd9e14fcbb7f6a762f825c25c6c4d06d

【カフェ】たまごサンド以外も美味しかった『つばめパン』

以前にもご紹介したことのあるふわふわトロトロのたまごサンドが味わえるつばめパン。

今回はそんなつばめパンで期間限定の新商品が販売されているのを見つけましたのでご紹介いたします。

それがこちら。



ハニーマスタードチキンサンドになります。

5月、6月の2ヶ月間限定のサンドイッチになりまして、めちゃくちゃボリューミーで豪華なサンドイッチになります。

実際の写真がこちら。



写真詐欺なんて言葉は無用でますよね。

もはやハンバーガーのようなサンドイッチです。

味ももちろん美味しかったですね。

ハニーマスタードの美味しさを纏った分厚いチキンが印象的でしたね。

ただ、分厚いので上手く食べるのが難しいところ。
私は食べる時にチキンだけを先に食べてしまいましたね。

期間限定のサンドイッチなので、気になる方はぜひ今のうちに食べに行ってくださいね。

もちろんたまごサンドも相変わらず美味しかっですよ。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

歩道走行違反問題を報道

社会人や投資をやっている方は経済のトレンドニュースは押さえておきたいですよね。ということで、Yahooニュースの現時点の経済トレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

■今回のニュース
歩道走れません ファットバイク風車両

歩道を走り違反に問われた利用者のペダル付原付。渋谷区での取締りで(中島みなみ撮影)。

ペダル付原付、通称モペット。時代の変化に敏感なエリアを中心に急速に利用が増えてきました。東京都心では、渋谷を中心として明治通り沿いを南北に、北は原宿方面、南は恵比寿方面で利用が広がっています。ネット通販だけでなく今まで車両の取り扱いがなかったファッション系のショップでも、店頭にペダル付原付を展示する様子が見られるようになりました。

なかでも注目されるペダル付原付は、頑丈なフレームに、バイクでいうガソリンタンクの位置にバッテリーを搭載したファットバイクです。20インチ相当のブロックタイヤはモトクロスバイク並みに太く、そのスタイリングが異彩を放ちます。利用者の一人は「楽で軽い。乗ってるスタイルがいい」と話します。

ただ、利用の拡大に比例して、その運転に歩行者からの苦情も増えてきました。交差点で信号待ちをしていた歩行者は、ペダル付原付(モペット)の印象をこう話しました。

「歩行者の間をジグザグに走ったり、歩行者がいっぱいだと車道に出て、また歩道に入ったり。スピードも速いし大きいから、ぶつけられそうで怖いですね」

歩道は歩行者が通行するのが原則ですが、一部の区間は自転車が走ることができます。対して、ペダル付原付は自転車ではないので、基本は歩道を走ることはできません。それが電動キックボードのような特定小型原付に該当するものだったとしても、ファットバイクの歩道走行は不可です。

なぜなら歩道走行が許される自転車は車幅60cmまでの「普通自転車」です。ファットバイクの多くは車幅が「普通自転車」の基準におさまらないため、スロットルがなく、走行性能がアシスト自転車なみだったとしても、車格の点で歩道を走ることができないのです。

ペダル付原付は、モーターの付いた「自転車」ではなく、ペダルの付いた「バイク」です。歩道を走ることは、道路交通法の指定通行区分違反です。ペダル付原付を「アシスト自転車だと思った」と思って乗っていても、歩道は走らない。必ず車道を走ることが違反を回避する最初のポイントです。

【まとめ】

渋谷を中心にペダル付原付(通称モペット)の利用が増加している。
ペダル付原付はファットバイクと呼ばれる、頑丈でバッテリーを搭載したバイクで、一部で注目を集めている。
しかし、その利用拡大に伴い歩行者からの苦情も増えており、歩道走行は違反であることが指摘されている。

今回のニュースの概要はこんな感じでした。ランキング1位の記事なのでどこかで話題になるかもなので、概要だけでも知っておきましょう。また、毎日12時に経済トレンドニュース1位の記事の概要を紹介していきますので、明日もぜひご覧ください。

■本記事を詳しく知りたい方は下記URLより元ニュースをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e8c59ead6bfea9c5837339af843296d8096fe9a

【カフェ】アートも楽しめるおしゃれカフェ『石窯パン&ギャラリーカフェ木のなか』

今回ご紹介するカフェはアートとおしゃれカフェが融合したお店『石窯パン&ギャラリーカフェ木のなか』になります。



こちらのカフェは絵画教室を母体としたギャラリーカフェになっていまして、小さな子供をもつお母さんがゆっくりと待つ場所を作りたいという思いから出来上がった場所になります。

なので、おしゃれさがありつつも自然な温かみがある内装になっています。



そんなおしゃれ店内の一画にはキッズスペースがあり、小さな子供と一緒に過ごすこともできますね。



そんなおしゃれカフェで注文したメニューはランチメニューのローストビーフサラダときのこの葉っぱ型のピザになります。



葉っぱ型のピザはこのお店のアイコニックなメニューになっていまして、見た目も可愛いのは間違いないのですが、もちもちの生地が印象的な美味しさが人気のメニューになっていますね。

ローストビーフサラダももちろんめちゃくちゃ美味しいメニューでしたよ。

デザートにはにんじんケーキとミニにんじんパフェを注文しました。



にんじんケーキやパフェもなかなか無いスイーツですよね。

にんじんが使われているので、健康的なはずですが、なんでこんなに美味しいんですかね。
不思議です。

そんなアイコニックなご飯から健康的なにんじんケーキも味わえるおしゃれカフェ。

気になる方はぜひ一度訪れてみてくださいね。

アクセス

〒470-1166
愛知県豊明市栄町大根1−1679

ホームページ

石窯パン&ギャラリーカフェ木のなか

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp