DYblog

投資や経済関係を主体に様々な情報を紹介しています。投資関係は株(日本、アメリカ)、債券、外貨建てMMF、FX、仮想通貨など。FP2級合格しました!

医療費控除を利用して節税する方法

社会人や投資をやっている方はトレンドニュースは押さえておきたいですよね。ということで、Yahooニュースの現時点のトレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

昨年の医療費が11万円でした。「医療費控除」でいくら還付されますか? 大した額ではないなら手間もかかるし確定申告したくないのですが。

1年間に支払った医療費が一定額を超えるときに、確定申告によって払いすぎた税金を取り戻すことができるのが、医療費控除です。実際に、いくら税金を取り戻すことができるのか解説します。

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が、10万円を超えた場合に受けられる所得控除の1つです。医療費控除を受けるためには確定申告が必要です。なお、総所得金額等が200万円未満の人の場合は、医療費が総所得金額等の5%を超えている場合も控除対象となります。

医療費控除は、確定申告する本人の医療費だけでなく、生計を一にする家族(同居か別居を問わず)が支払った医療費も合算して申告することができます。

医療費控除を受ける場合の確定申告の時期は、原則として毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月間です。ただし、年末調整のある会社員といった給与所得者による、医療費控除などの還付申告については、1月からでも受け付けています。

還付申告とは、本来納税すべき所得税額よりも納めすぎた税金の還付を受ける手続きのことをいいます。また、還付申告の場合は、5年以内であればさかのぼって申告することが可能です。

医療費控除の対象となる医療費の一例としては、医師、歯科医師による診療や治療の費用、治療または療養に必要な医薬品の購入費用、などが挙げられます。

なお、医療費控除の対象外となるものには、インフルエンザなどの予防接種や疾病が見つからなかった場合の健康診断や人間ドックの費用、などがあります。

医療費控除額の計算方法は、実際に支払った医療費から給付金・保険金などを差し引いた額から、10万円または総所得金額等の5%のうち、少ない方を計算します。医療費控除額の上限は200万円です。

以上の情報から、医療費控除を利用することで納めすぎた税金を還付してもらえる可能性があります。確定申告の時期に気を付け、家族の医療費も合算して申告することで、節税のメリットを享受できるでしょう。

共感する点として、医療費控除は健康にかかわる支出を軽減できる制度であり、節税の手段として有益だと感じます。また、家族の医療費も考慮できる点も利点の一つです。

■本記事の元ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/4cbd33c6b59df3d5f467ed926e37ec10be23f5a5