DYblog

投資や経済関係を主体に様々な情報を紹介しています。投資関係は株(日本、アメリカ)、債券、外貨建てMMF、FX、仮想通貨など。FP3級合格しました!

【旅行】色鮮やかな季節の花が見れる『デンパーク』

今回は愛知県安城市にある安城産業文化公園『デンパーク』をご紹介いたします。



安城市は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれ、全国の農業経営のモデルとなってきました。
どうしてデンマーク?となりますが、デンマークが世界の農業先進国であるため、たとえられたようですね。

このデンパークのメインは咲き乱れる色とりどりなお花ですね。

見たこともない花から有名な花までいろいろ咲いていますよ。

咲き乱れる姿はめちゃくちゃ綺麗なんですよね。



もちろんお花だけでなく、変わった植物も多々ありました。

エンジェルウイングスに似た多肉系の葉っぱようなやつも発見しましたよ。



お花を見ていると癒されますよねー

もちろんお花だけではなく、デンマーク感もしっかりと演出されています。

まずは風車。



デンマークといえば風車なのかな?

たくさん並んでいるのかなと期待していたのですが、一基のみでしたね。

次に人魚の像。



これはデンマークで有名な観光地ですよね。

これ以外にも建物などもデンマーク感かありました。

衣装を着て写真を撮っている方や一眼レフでガチ撮影をしている方々もみられましたので、きっと映える写真が撮れるのだと思います。

写真好きの方にはおすすめの観光地だと思いますので、ぜひ一度来てみてくださいね。
地元のパークなので期待値は上げすぎないようにです。

以下、補足情報になります。

①子供連れに最適です。
園内には公園らしきものからアスレチック。ダイナパークなる恐竜パーク(有料)があり、子供が楽しめること間違いなしな雰囲気でした。

②ベビーカーの無料レンタルあり。
ベビーカー持って行くのが大変だったり、まだ購入していないって方におすすめです。
生後1ヶ月?から使えると書いてあった気がします。



シルバニアファミリーとコラボ中!
誰しもが憧れ、かつ持っていたあのウサギたちが園内にいます。

それもまぁまぁなサイズ感。(10歳のうさぎより大きかったです。)

なのでうさぎ好きの方はチャンスですね。

以下、簡単にデンパークの情報になります。

園内マップ

入園料

大人:700円
小中学生:300円
小学生未満無料
※支払は現金、電子マネー、クレジットカードが可能

デンパークの場所

駐車者

無料。多数ありですが、平日でも結構止まってました!

デンパークのホームページ

安城産業文化公園デンパーク

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp