DYblog

投資や経済関係を主体に様々な情報を紹介しています。投資関係は株(日本、アメリカ)、債券、外貨建てMMF、FX、仮想通貨など。FP3級合格しました!

【伊坂幸太郎】『AX(アックス)』読みました。

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズの最新作ですね。

『AX(アックス)』を読みましたので、

ご紹介しようと思います。

 

■概要

殺し屋の父親の兜とその家族の話となります。

家族は妻と息子の3人家族で、家族二人は兜が

殺し屋であることは知りません。

表向きは文房具メーカーの営業ってことになってますね。

 

兜は秘密裏に斡旋業者から殺し屋や盗みの仕事を

請負い、確実に仕事をこなしていく。そんな

凄腕の殺し屋です。

 

そんな彼でしたが、彼はこの仕事から足を

洗いたいと考えていたんですね。

家族を持ち、命を奪うことの罪の重さを

ひしひしと感じたのです。

 

この足を洗うことをきっかけにストーリーは

進み出していくのです。

 

詳細はネタバレになってしまうのでこのぐらいで。

 

■感想

話の流れは大きく分けて、兜編と息子の克巳編から構成されているのですが、話の展開がいいですね。

兜編の途中から一気に読んでしまいました。

 

話の中では、兜の信念や考え方。

いい父親なんだろうなってのがすごく伝わってきましたね。

フェアじゃないといけないっていう信念と

殺し屋としてたくさんの命を奪ってきた

罪の意識から自分だけ幸せになるべきではない

のではないかという自身の考え、、、

 

いいじゃないか幸せになったって!

って思ってしまいます。

 

また、家族との日常のありふれたやりとりと

殺し屋の仕事やその片鱗が見える洞察力や

用意周到さ。このギャップも兜のいいところかな。

 

うん。とても兜よりですね。

 

 

このストーリーの結末がどうなるのか。

兜は殺し屋を辞めることができるのか。

 

 

自宅で過ごすことが増えてきてると思いますので、

ひまだなーって思ってる方は是非読んでみてください。

 

 

 

八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍で

活躍できるように日々努力していこう。

 

あとは盛者必衰は世の理のひとつですね。

社会で嫌なこととかあったらそう思おう。

 

と出てきた四文字熟語使って行こうかなー