DYblog

トレンドアイテムや投資関係など幅広く紹介。

【Green Life】ハオルチアさんの水差しにリベンジ!

今回はハオルチアの水差しをしていきたいと思います。

以前もハオルチアの水差しをしていたのですが、根っこが生えた後、根腐れをしてしまったようで枯れてしまいました。

なので、そのリベンジをしたい所存です。
一緒にハオルチアの水差しに挑戦しましょう。

まずはハオルチアを手に入れます。

お店によっては500円から1,000円ぐらいと意外と値段が高いのですよね。

がしかし、とても安く手に入るところを発見しました。
そう、IKEAさんです。

ちっちゃいハオルチアさんですが、1個200円という破格のお値段。
状態も悪くないのでおすすめですね。

今回は2つ購入しました。



このままでも十分可愛いのですが、やはりはハオルチアと言ったら水差しですよね。

水差しをすると真っ白で綺麗な根っこが生えてくるのです。

鉢から出してら砂と根っこをばっさりいきます。

そして水につけないように水の近くに置けば完成です。



水にはつけちゃダメなので、このぐらいの距離感にしましょう。



ハオルチアさんは水が必要と感じたら近くの水に根っこを伸ばすらしいので、水につけなくてOKなのですね。

水に漬けると腐ってしまいます。

ということで、これでハオルチアさんの水差しが完成です。

根っこが生えるのを楽しみに待ちましょうね。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【Green Life】水差しで根っこが生えたベゴニアさんを植木鉢へ

秋になると植物の水差しの時期ですよね。

気候も湿度も安定しているので水差しの成功率が高い気がします。

今回はベゴニア・マクラータさんの水差しが無事根っこを生やしたので、植木鉢に引っ越しです。



ベゴニアさんの水差しは数枚の葉っぱを残しつつ、節を水につければそこから根っこが生えてきます。

生命力は結構高めなので、数日でこんなに根っこが生えてきました。



これだけ生えれば植木鉢に移してもすくすく育ってくれるかな。

これが完成形ですね。



観葉植物の土がもう少しでなくなる!ってぐらいの量だったので、全て入れたら少し土が多めになってしまいました。

がしかし、立派な姿になったのではないでしょうか。

背の高さに比べて葉っぱが多くすぎて不恰好ですが、成長したら整えます。

来年の春には本体の鉢にまとめ植えをしようかな。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【Green Life】白くてちっちゃな花が咲きました『ディスキディア ミリオンハート』

今年の夏ぐらいに我が家にきましたミリオンハートちゃんですが、ちっちゃくて可愛い白い花が咲きました。



最初はちっちゃくて気づかなかったのですが、葉水を与えているときに気づいてしまいました。

我が家にきて初年度は花が咲くことが多いのですが、来年以降は咲かなくなってしまうので、目に焼き付けておきます。

たぶん花を咲かせる環境にできていないんですよねー

ミリオンハートちゃんとしては我が家にきてからだいぶ大きく成長しましたよ。

やっぱり斑入りは可愛いですね。
ちょこちょこ真っ白な葉っぱもあるし。



ちなみにミリオンハートちゃんの花言葉は平和です。

きっと平和な日々が続くっていうことかな。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【ランチ】特大ウンベラータが飾ってあるアジア料理屋さん『MONSOON CAFE(モンスーンカフェ)』

今回紹介するお店はベトナム料理などのアジア料理が楽しめるお店『MONSOON CAFE(モンスーンカフェ)』になります。



お買い物の途中でなんとなく寄ったカフェだったのですが、店内に巨大なウンベラータが育っていたので、紹介することにしました。

お洒落な店内で特大ウンベラータを眺めながらアジア料理を食べる。
そんな非日常な時間を過ごせること間違いなしですよ。

これが巨大なウンベラータさんになります。



最初は大きすぎて何の木だろうと眺めていたのですが、葉っぱに見覚えがありすぎる。

ネットで調べてみたらなんとウンベラータっぽい。多分ですけれど。

よく見るサイズはお家に飾れる大きくても身長ぐらいのサイズかと思うのですが、やはり木なんですよね。
サイズを調整しなければここまで大きくなるのです。
こんな立派なウンベラータさんなかなか見れないので是非みて欲しいところ。

お店のご飯はもちろん美味しいし、リーズナブルなので、ここでご飯を食べても損はないはずです。

私が注文したのはランチセットで、ベトナム料理の王道のフォーにしました。

セットにはサラダと海老トーストなるものがついてくるのですが、この海老トーストもめちゃくちゃ美味しい。

サクサクとした食感のパンに海老の旨味が溢れていましたね。



フォーも優しい味わいが心休まる美味しさ。



パクチー抜きにもできるので、苦手な方も安心ですね。

そんな特大ウンベラータを眺めながらアジア料理が楽しめるお店『MONSOON CAFE(モンスーンカフェ)』の情報はこちら。

店名

MONSOON CAFE(モンスーンカフェ)

住所

〒470-0186
愛知県愛知郡東郷町郷中土地区画整理事業62街区1.3 三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷1F 1123

メニュー

支払方法

現金、カード、QRコードなんでもいけそうでした。

ホームページ

【公式】Monsoon Cafe (モンスーンカフェ) | エスニック料理


ウンベラータが好きな方やウンベラータの最終形態をみたい方はぜひ訪れてみてくださいね。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【Green Life】とうとう葉っぱが割れました『モンステラ』

2021年6月に育て始めたモンステラさんですが、今年の夏に大きな変化がありました。

そうです。モンステラさんの最大の特徴であるあの割れた葉っぱがやっと生えてきました。

全然生えてこないから、本当にモンステラか?と疑ったほどです。

そんなもんステラさんの姿がこちらになります。



成長したなー!こんなに成長するなんて愛着湧いちゃいますね。

やはり割れた葉っぱは結構大きくなってからじゃないと生えてこないんですね。
がしかし、これからは割れた葉っぱがたくさん生えてくるのかな。楽しみです。



育て始めた当時の記事もよければご覧くださいね。
dyblog.hateblo.jp

今回はモンステラさんの成長記録でした。

葉っぱが割れたことが嬉しくてちょっとした内容の報告にはなりましたが、この記事を見てモンステラ育てたいなってなった方はぜひ育ててみてくださいね。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【旅行】名古屋のローカル観光地『東谷山フルーツパーク』

今回は愛知県名古屋市にあるローカル感がすごい観光地『東谷山フルーツパーク』を紹介いたします。



このフルーツパークは時期によってはフルーツの収穫体験ができたり、四季の花々が見れたりと自然を満喫できる観光地になります。

今回私が行った時期はどちらも季節外れとなりまして、その辺を紹介することはできないのですが、それでも楽しめる場所があるのです。

とりあえずは園内の地図をご覧ください。



結構な広さですよね。でも騙されないでください。意外とキュッとしたサイズ感なので、気軽に回ることができますよ。

くだもの館

この施設のメインエリアと言っても過言ではありません。
季節のフルーツからパフェやジュースなどのデザートも食べれるくだもの館。

雰囲気は道の駅みたいな感じかな。



ブランドの品種やスーパーとかで売っているよく見る品種まで幅広く取り扱いされていましたよ。

パフェやジュースは大人気で行列ができていました。

こちらがそのメニューになります。



やはりイチゴやモモなどは人気商品とのことで、それ以外に店員さんのおすすめとしてはドラゴンフルーツ(パフェ ドラココ)とのことでした。

赤色のドラゴンフルーツを使っているそうで、コレが珍しいんだとか。

あとは、季節によっては冷凍したものを使っていることもあるので、旬の果物を選んだ方が美味しいらしいですよ。

チケット販売機がありますので、ほしいデザートのチケットをゲットです。



今回はぶどうパフェにしてみることに。
シャインマスカットに惹かれてしまった。



シャインマスカット甘いよね!
それにソフトクリームも想像していた以上に濃厚で美味しかった。

ちなみにチケットの販売は15時までで、閉園時間と違いますので要注意です。

また、このくだもの館にはちょっとした展示やキッズスペースなどもありました。



展示は梨やリンゴ、みかんなどの色々な品種の模型が並べられていたので、果物博士になれそうでしたよ。

世界の熱帯果樹温室

ここはマークしていなかった場所なのですが、植物好きには楽しい温室になります。



入場料300円と安価で熱帯植物を見ることができます。



この大きなドームに入れるってことですね。

中にはさまざまな植物たちが自生していました。
観葉植物でよく見るものから大型のバナナや パパイヤなどですね。

これがよく見る観葉植物です。
サボテンやサンスベリアアデニウムなどがありました。



大型の植物はこちら。



ドームを突き破るんじゃないかってくらい成長していましたね。

あとは果実が結構出来ているのも見どころのひとつになります。



まだ熟していないですがバナナですね。

イメージ通りではあるのですが、この実から伸びている花の蕾はちょっと怖いですよね。

花が咲いているところ見たかったな。



こちらはパイナップル。
斬新な実なりかたよ。
ちっちゃくて可愛いですよね。



そしてドラゴンフルーツ。
沖縄が原産地?と聞いてはいたのにまさかここで育てているとは。
実がなっているところを見れるなんて嬉しいですよね。

あと驚いたところはタンク系の植物たちの花が咲いている、、、

このタイプの植物って花が咲いたら枯れて、新しい子株が増えるのかと思うのですよね。

なので我が家のタンク系は花を咲かせないように気をつけているのですが、まさかの満開。



こんなタンク系の植物の花が咲き乱れているところもなかなか見れないのではないでしょうか。

そんななかなか見れない植物たちが見れるこの世界の熱帯果樹温室。
300円で見れるとかよすぎですよね。

その他の場所

ブドウ園やなし園なども見ましが、中に入ることは出来なかったため、観光は出来そうにありませんでしたね。



やはりシーズンって大事です。

レモンくんには会えましたよ。
(本名は知らないけど)



今回紹介した場所以外にもまだまだありそうでしたので、興味がある方や近くに観光に行くよって方はここも寄ってみてはいかがでしょうか。

そんな東谷山フルーツパークの情報はこちら。

東谷山フルーツパークの情報

名称

名古屋市東谷山フルーツパーク

住所

〒463-0001
愛知県名古屋市守山区上志段味東谷2110

駐車場

あり

営業時間

9:00〜16:30
※月曜日は定休日です

ホームページ

名古屋市東谷山フルーツパーク

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

【Green Life】極楽鳥のような花が咲く『ストレチア・レギネ』の育て方・増やし方

探していたストレチア・レギネさんにやっと出会うことができました。
お値段も悪くなかったので、育てることを決意。

そんなストレチア・レギネさんの育て方、増やし方をご紹介します。



ストレチア系は大きな葉っぱを横に広げていく植物さんでして、やはり大きくなっていくのが特徴ですね。

そして1番の特徴が印象的な花が咲くところ。

一定のサイズに育たないと花が咲かないので、まだ写真は撮れませんが、レギネさんは極楽鳥花と呼ばれる鳥のような花を咲かせます。

ストレチアオーガスタ(ニコライ)は白色の花を咲かせるので、花以外にも違いはありますが、真っ白な花を咲かせたい方はオーガスタを選ぶのもいいかもしれませんね。

そんなストレチア・レギネの育て方、増やし方はこちら。

名前

ストレチア・レギネ

科名・属名

バショウ科ストレリチア

生息地

南アフリカ

育て方

《水やり》

土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。
ストレチア多肉植物のように水を溜め込むことができるので、少し乾燥気味に育てる感じで OKです。
葉水は適度にしてあげてくださいね。

《気温》

適性温度は10度から40度のようです。
耐暑性は高いようなので、寒さに気をつければ大丈夫そう。5度以下にならないように注意してください。

《日光》

この子も直射日光は葉焼けを起こす可能性があるので注意が必要です。
耐陰性もあるので、室内の明るいところでも育つのですが、基本的には日光は大好物なので、花を咲かせたい方や元気に育てたい場合は適度にカーテン越しの光が当たる場所に置いてください。

増やし方

株分け

花言葉

輝かしい未来


葉っぱもトロピカルな雰囲気で花も可愛いストレチア・レギネさん。
花を咲かせるのは少し難しいかもしれませんが、咲いた時の喜びは人一倍でしょう。
一緒にレギネさんを育てませんか。

その他の記事

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp

dyblog.hateblo.jp