DYblog

投資や経済関係を主体に様々な情報を紹介しています。投資関係は株(日本、アメリカ)、債券、外貨建てMMF、FX、仮想通貨など。FP3級合格しました!

経済トレンドニュース:大谷翔平の巨額契約について

社会人や投資をやっている方は経済のトレンドニュースは押さえておきたいですよね。ということで、Yahooニュースの現時点の経済トレンドニュース1位の記事を簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

今回のニュース

大谷翔平ロサンゼルス・ドジャースによる10年1000億円契約については日米で大きな話題を呼んだが、現地ロスで20年以上広告代理店「MIW」を営む岩瀬昌美氏は「広告収入も破格だ」と指摘する。その額、23年は62億円で24年は109億円にまでのぼるとされる。一体誰か”大谷を買っている”のか。岩瀬氏が解説する。

野球は不人気スポーツなのに、大谷だけは金を集める

昨年2023年の大谷選手のエンドースメント(広告収入)は4000万ドル(62億円)と言われております。現在のアメリカの野球界では断トツのナンバー1でしたが、今年はその額が更に増え、7000万ドル(109億円)にまでのぼると見られています。これは野球選手としては破格のエンドースメントです。

一方で、日本やアメリカで開催の大会以外、基本的に野球はオリンピックの種目から外されています。世界的に見て野球が人気スポーツではないというのは言わずもがなですが、「野球の本場」アメリカでも、実はそんなにポピュラーなスポーツではないのです。2021年のワシントン・ポストの調査で「あなたの好きなスポーツはなんですか?」という質問に「野球」と答えた成人は11%で、1位のアメフトの34%には遠く及びませんでした。30歳以下に限定するとさらに悲惨で、1位アメフト24%、2位バスケ17%、3位その他12%、4位サッカー10%、そして5位が野球で7%でした。

それは広告収入ランキングにもあらわれています。スポルティコによると、2023年の広告収入トップはNBAロサンゼルス・レイカーズレブロン・ジェームズの8000万ドル(124億円)。2位はゴルフのタイガー・ウッズと、米サッカーMLSインテル・マイアミの所属しているリオネル・メッシ(アルゼンチン)が6500万ドル(102億円)で、4位もサッカー、サウジアラビアアル・ナスルクリスチアーノ・ロナウドポルトガル)の6000万ドル(95億円)です。

それでも大谷選手の4000万ドルは野球選手としては破格です。野球選手として世界2位のフィラデルフィア・フィリーズブライス・ハーパー(700万ドル(11億円))に大差をつけています。

まとめ:

大谷翔平の広告収入が20年以上広告代理店を営む岩瀬昌美氏によって指摘され、23年は62億円で24年は109億円とされる。
大谷のエンドースメントは野球選手としては破格であり、昨年の4000万ドルから今年は7000万ドルに増える見込み。
野球は世界的に人気が低く、アメリカでも他のスポーツに比べて人気が低い。
大谷の広告収入は他のスポーツ選手の広告収入と比べても突出して高い。

今回のニュースの概要はこんな感じでした。ランキング1位の記事なのでどこかで話題になるかもなので、概要だけでも知っておきましょう。また、毎日12時に経済トレンドニュース1位の記事の概要を紹介していきますので、明日もぜひご覧ください。

■本記事を詳しく知りたい方は下記URLより元ニュースをご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e850d918ac0026325581908bff1251bb80da101